TOB投資と株式投資錬金術について

私が株式投資をしてから5年くらいたった時の話。 ある日新聞に「D&Mホールディングス、全株TOB」という記事が出ていた。

TOBとは、株式公開買い付けのこと。 「買い付け期間、買い取り株数、価格」を公示し、不特定多数の株主から市場外で株式等を買い集める。

全株を買い集める場合と、一定株式を買い集める場合がある。 たいていは市場価格より高値で募集される。 つまり、TOB銘柄を発表日前に購入することができれば、資産を大幅に増やすことができるのではないか?

そこでいろいろと探した結果、どうやらロイターの記事が一番、早く情報が手に入るとのこと。

さっそくロイターの会員になり、「TOB]というキーワードがあった場合はメールが届くように設定をした。 その後、「USJでTOB」という記事が出た。

さっそく株を買おうと思ったが、思った以上に株が上がりこの時は株を買わなかった。

1~2カ月たった頃、USJの報道が全くなく、TOBも行われなかった。 値ももとに戻ったので、ロイターを信じて資産の半分を使って株を買った。

約一ヶ月後、TOBが行われ買った株の値段が2倍に跳ね上がった。 これも株式投資錬金術の教材のおかげだと思った。