国の支援で株価アップ<日経225オプション 暴落暴騰予測型投資法>

りそな銀行が経営危機の時のことです。
金融機関を国は簡単には潰さないと思い、下がっていたりそな銀行の株を買いました。
ファイナンシャルプランナーの仲間内でも「りそな書いだよね。」と言われていました。
その時、結構みんなりそな銀行を買ったようです。
りそな銀行がどうなるかまだはっきりとわからなかった時は多少心配もありました。
でも、大丈夫と信じていました。

政府が公的資金を投入することが決まり、「やったね!」と言う感じでした。
公的資金を投入すれば、滅多なことがなければりそな銀行が潰れることはなくなったも同然です。
予想通り、株価はその後上昇の一途でした。
後は売り時をいつにするかです。

元々がかなり安値になっていたので値上がりは期待していました。
結果とし、株価は買い値の2倍以上に値上がりしました。
この時点でりそな銀行株を売却しました。

約10万円程の差益だったと思います。
買い値は10万円前後で、売り値は20万円を越えていました。
平生はあまり売却をしないのですが、この時ばかりは売却をして利益確定をしました。
やっぱり差益が出ると嬉しいものです。

いまの私は戦場を主にオプション取引に移しています。
日経225オプション 暴落暴騰予測型投資法ってご存知ですか?
この手法で年に1回か2回の買い場を模索していますのでほとんどストレスにならなくていい感じです。

 

 

 

私がアンブッシュFXで勝った時の話

みなさんは今までにFXで勝った事はありますでしょうか。
私はつい最近になって初めてFXというのをやり始めた全くの投資初心者です。
AmbushFXで勉強したら、
運良く初のFX取引でかなり儲ける事ができました。

おそらくですが、いきなり本番のFXをやらなかったのが良かったのだと思っています。
最初はデモ取引をやってどういうものかというのを少し試してみました。

すると、デモ取引でも結構上手くいって儲けることができました。
ですから、そのやり方をきちんと踏まえて本番に臨んだのが良かったのだと思っています。

そして、私が今回初FXで上手くいった理由は他にもあると思っています。
それは今年の景気が良かったことです。
もし、今年も景気が悪ければ私なんかがFXで儲けるのは無理だったと思います。

ですから、投資家でもない私がFXで勝てた大きな理由は事前にデモ取引で練習した事と今年の景気の良さがあったればこそだと私は思います。

ですので、みなさんもFXで勝ちたいなら今こそやるべきだと思います。

 

 

 

下げ相場でも勝ちました

私は、ずっと株をやっていてFXにも興味がありました。

TURBO FXを参考にし、思い切ってFXに挑戦してみました。

今はアベノミクスで上昇相場がですが、私が始めたはリーマンショックの頃で、凄い下げ相場でした。

FXは少ない証拠金でも大きな利益ができて、上げ相場でも下げ相場でも対応できるので、やりやすいと思います。

ゲーム好きなら合っているかもしれません。

最近は上げ相場なので買いで対応しています。 レバレッジはかけられますが、自分に無理の無い金額でするのが精神的に安定して勝ちやすいようです。

私が主に扱っているのは、オーストラリアドルです。

買いで入ると 、利息がついて日々プラスになるのも嬉しいです。

株と違いFXは24時間取引が出来るので、仕事から帰宅した後にもできるのが、便利でいいですね。

下げ相場は、一度に十万円プラスとかありましたが、上げ相場はゆっくりプラスになっていく感じです。

どちらかというと、私はすぐ結果が出る下げ相場のほうが好きです。

今は株より、FXが中心になりました。

 

 

FXでの利益内容

あれは今年2月のこと、真冬にもかかわらず、モスクワでG20が開催されました。 真冬にモスクワへ行かなければならない政治家さんも外遊ではなくマジだろうなと思い、 その日のアナリストの予想を鵜呑みにして、チャートも見ずにレートだけでドル円を朝9時頃買ってみました。 レートはするすると上昇し、約5時間後30pipsを利益確定できました。

このトレードを見る限り、FXの利益は政治家の心で変わるものなのだと仮説を立てることができたのです。

その数日後、別件で、ある元自民党の大物政治家が、またモスクワへ行くというので、 柳の下に2匹目のドジョウはいるのだろうかとドル円を買ってみました。

答えはいたのです。 5pips程の微益でしたが利益確定できたのです。 よって、FXの損益は政治家の心境で変わると断定できたのです。

この理論でいきますと、真夏の中東やシンガポールあたりで集合といった会合もあてはまるのではないかと思うのですが、未だ検証中です。

それと最近気になっているのがFXリベンジャーズです。 FXリベンジャーズは、エントリー・損切り・決済という、すべての作業をたんたんとこなすことができます。 MT4上に黄色く光る横のライン設定が「FXのシートベルト」となり相場から身を守ることができるのです。

 

 

あまりにもギャンブル的なバイナリーオプション

株式投資やFXの経験のある私ですが、一時今はやっているバイナリーオプションをやってみよと 資料などを取り寄せて研究したことがあります。

はじめからかなりギャンブル的なオプション投資であるということは想像がつきましたが、 実際に研究してみるとますますその感を強くしました。

いろいろなバイナリーオプションのやり方はありますが、 非常に簡単に言うと丁半ばくちに近いものがあるといえるかもしれません。

特徴的なバイナリーオプションは 為替が数分から数時間である一定の限度から上がるか下がるかを予想して投資するという形で 長期に渡る投資というものは私が研究した限りではないようでした。

今風といえば今風な投資ともいえるかもしれませんが、 その手のギャンブル的なものは長く続けていれば胴元が有利になるということは論を待たないことでしょう。 それでもそういう投資が好きだという向きはやればいいと思いますが、 どうせやるならまずはじめにトリガーバイナリーで勉強するといいと思います。

 

 

偶然かスキャルピングで成功

FXトレードをしていますが、通常はスイングトレードか外貨預金を行っています。 ですが、ほんの気まぐれでスキャルピングをしてみようと思ったのです。

スキャルピングは超短期トレードでリスクも少ないと聞きますし、 超短期トレードなので勝率なども高いかなと思いチャレンジしました。

そしたら、たまにはストップにかかってしまうこともありましたが、 スキャルピングで負けるのは10回に1度くらいの頻度でした。

ですので、トータル的には安定して利益を重ねることができました。 負けたらすぐにやめるつもりだったのですが、意外にスキャルピングがうまくはまってしまって、 1日に数万円稼ぐ日々が続きました。

数日で数十万円貯めることもできました。 本当にスキャルピングって凄いなって思いました。

偶然か実力かわからないですが、とりあえず、一旦資金を引き上げることにし、 また、スキャルピングをしたくなったら、いつでも挑戦できるようにお金は置いています。 やり方しだいでスキャルピングって稼げるんだなって思いました。

あとは北田夏己の夢資金FXという教材もおススメです。 この教材は販売されてから数か月以上たちますが、未だに人気のある商品なんです。

 

 

私のFXでの失敗談に学び、天使の聖剣へ

FXで資産運用をしている方なら、色々な失敗を経験していると思います。

私も今まで色々な失敗をしてきました。

例えば仕掛けて順行した後、利益が損失に変わるのが怖くなりチキン決済。

私の場合この失敗が一番多く、そして最も口座にダメージを与えていた行為です。

次に多かったのが、損切りの遅延です。

仕掛けて逆行したのはいいけど損にするのが嫌で損切りがなかなかできず損切りしたところが天井ということもありました。

そして上記のような状態が続き儲けられないことにイライラして本来仕掛けないようなところで仕掛けるという悪循環にもなりました。

このような失敗の原因一つは、検証不足です。

検証不足により自分のトレード手法に自信が持てず利確が早すぎたり損切りをためらってしまうのです。

そしてもう一つの原因が、実資金のストレスです。

仮想資金と違い実資金でのトレードは精神的負荷が桁違いですので、 利確が早くなったり、損切りをためらったりしやすいのです。

こういったことにならないためにも検証をしっかりして、 最初は自分が失っても平気なくらい小さい資金で始めることをお勧めします。

それと天使の聖剣(天使のエクスカリバー)【当サイト限定10大特典付き!】(北川愛璃) レビューを見て、 これからは研究してみようと思います。

 

 

TOB投資と株式投資錬金術について

私が株式投資をしてから5年くらいたった時の話。 ある日新聞に「D&Mホールディングス、全株TOB」という記事が出ていた。

TOBとは、株式公開買い付けのこと。 「買い付け期間、買い取り株数、価格」を公示し、不特定多数の株主から市場外で株式等を買い集める。

全株を買い集める場合と、一定株式を買い集める場合がある。 たいていは市場価格より高値で募集される。 つまり、TOB銘柄を発表日前に購入することができれば、資産を大幅に増やすことができるのではないか?

そこでいろいろと探した結果、どうやらロイターの記事が一番、早く情報が手に入るとのこと。

さっそくロイターの会員になり、「TOB]というキーワードがあった場合はメールが届くように設定をした。 その後、「USJでTOB」という記事が出た。

さっそく株を買おうと思ったが、思った以上に株が上がりこの時は株を買わなかった。

1~2カ月たった頃、USJの報道が全くなく、TOBも行われなかった。 値ももとに戻ったので、ロイターを信じて資産の半分を使って株を買った。

約一ヶ月後、TOBが行われ買った株の値段が2倍に跳ね上がった。 これも株式投資錬金術の教材のおかげだと思った。

株主優待目的で!株を買ってみました

私が今年になって始めた資産運用は、株です。 きっかけはマネー雑誌の株主優待特集。 今まで株なんて値下りしたら大損するし…と敬遠していたのですが、 優待品や配当利回りで潤っている人の体験談を読む内に私も欲しい!という気持ちがむくむく。 それに配当利回りや株主優待を考えると、定期預金に預けるより絶対に得だよなあ~と思い、株の世界に足を踏み入れました。

と言ってもチャートや専門用語に関する知識は全くないので、マネー雑誌を参考に、欲しい優待株をピックアップ。 まずは始めることが大事だよね、と自分に言い聞かせ、今年の初め(2013年1月)、一気に10~15銘柄を購入しました。

その後アベノミクス効果で株価は上がり、銘柄によってばらつきはあるものの、全体で見ると損はでていません。 権利確定から2~3か月経つと、配当金の連絡や優待品が続々と到着。株主優待ってすばらしい!と、すっかり株にはまってしまいました。

知識ゼロ・素人の私が株の売買で儲けようとすると痛い目にあうぞと思い、当面は長期保有の株主優待で運用していこうと思っています。 株価が上がる前に駆け込みで買っておいてよかった…!

話は変わりますが、日経225オプション 暴落暴騰予測型投資法というのをご存知ですか? これは年1回~2回程起こる、大暴落・暴騰時に絞り込むため、その対価は50倍~100倍以上になるそうです! 一攫千金のチャンスになるかもしれませんね。

 

 

株主優待・配当の権利を取るには

6・7月というと3月決算の会社の株主優待や配当の通知書が送られてくる時期です。 「権利確定日」に株主名簿に載っていれば、株主とみなされます。 20日が確定日という会社もありますが、ほとんどの場合は月末が確定日です。

ただ、例えば3月31日に株を購入しても権利は取れません。 株の購入から、株主名簿に記載されるまでにはタイムラグがあるからです。 権利確定日に株主名簿に記載されるためには、3営業日前以前に購入し、3営業日前の 株式取引終了時点で、その株を所有している必要があります。 逆に権利確定日を1日でも過ぎればその株を売り払っても権利は消滅しません。

具体的にいうと、3月31日が権利確定日とすると、仮に31日が木曜日か金曜日なら ば、3営業日前は28日で、この28日の取引終了時点で株を所有していれば株主優待・ 配当の権利が得られます。 またその翌日の29日以降であれば、株を売却しても権利はそのままというこになります。

ところで7step株式投資メソッドという教材をご存知ですか? この教材のカリキュラムどおりにすれば、普通の人レベルからプロトレーダーの領域まで到達することも夢じゃなくなりますよ!