脊椎側弯症について<大阪市の看護師求人の話>

私は現在24歳の男性ですが、小学5年生の時に学校の内科検診で脊椎側弯(そくわん)症という病気を持っていることを発見されました。

脊椎側弯症とは、脊椎が横の方向に湾曲する病気のことです。

放っておくと湾曲が進行し、将来腰や背中・呼吸器などに悪影響を及ぼす大変危険な病気なのです。

殆どの場合、「先天性側弯症」という原因が分からない部類に入ります。女児に多く発症します。 発見された時は、角度にして約10度の湾曲でした。

60度が真っ直ぐにする手術を受けるラインとなります。

定期的に病院に通い、レントゲンを撮るという形でしばらく様子を見ていたのですが、 進行が止まらないので小学6年生の時にコルセットを装着することになりました。

これは運動時と入浴時には一日中着けていなければなりませんでした。

一番辛いのは夏の真っ盛りでした。暑い思いをし、蒸れる上に汗も拭けないのでとても嫌だった記憶があります。

しかし湾曲は止まらないので、中学1年生の時に手術を受けることになったのです。

PR:大阪市 看護師 求人

こちらのサイトは忙しい看護師さんのための大阪市の求人サイトをランキング形式でご紹介しています。 登録は無料で1~2分でできますから、ぜひ複数のサイトに登録して、転職活動に役立てていただければ幸いです。

 

 

父は肺炎で入院した時の事と夜勤専門の看護師さん

父は数年前に脳卒中を起こし、半身不随になりました。 それから何年かに一度肺炎になり入院するのですが、初めて肺炎で入院した時の話です。

私は父のリハビリに付き添う担当だったのですが、 診察を受けた時にセキが止まらず肺の音もおかしいという事で、すぐに検査を受けました。

結果は予想していた通り肺炎でした。 おそらく誤嚥が原因だろうという事で、さっそくその日から入院する事になりました。 もうその頃には家族も入院に馴れていたので準備はスムーズに進み、 病院が死ぬほど嫌いな父はすっかりご機嫌ななめ、いつもは乗らない車椅子に乗せられ病室に着くなりテレビばかり見ていました。

そこから一日一枚テレビカードを消費するので、誰かひとりは一日一回病院に行くようにはしていたのです。 ところが入院して一週間後、初めて父が自宅に電話をしてきました。

「もう退院していいと言われたから、明日退院する」

どうやら看護師さんに車椅子に乗せてもらい、自分で電話をかけてきたようで、 たまたまその日は誰も時間がなくて病院に行けない日だったので、それなら明日お迎えに行く事になりました。

翌日母が病院に行ったのですが、病院の看護師さんに聞いてびっくり。 退院していいなんて聞いていないというのです。 父を問い詰めると、もう元気だ、帰るの一点張りでみんな呆れていたそうです。 仕方なく自己責任でいいのならと退院は認められましたが、子供のような理由を通してしまう父がすこしかわいかったです。

そういえばこの方は夜勤専門 看護師 求人で この病院に転職されてきたそうです。 看護師さんのお仕事はハードですが、最近は夜勤専門という働き方もあるんですね。

同じ病気にかかった二人に優しくしてくれた福岡の准看護師さん

私は幼少の頃に国から難病として指定されている大きな病気にかかりました。 緊急入院で入った病室は大部屋でした。

その部屋の隣のベッドには同じ日に同じ病気で緊急入院して来た人が寝ていました。年齢も同じでした。 先生も奇妙な偶然もあるものだとおっしゃっていました。

そんなこともあって、私たちはすぐに仲良くなりました。 本来なら幼い子供の入院生活は退屈なイメージでしょうが、 気の合う友達が横にいるので入院しているとは思えないくらい毎日が楽しかったくらいでした。

ちなみに、入院当初は私の方が病気の程度は重かったのですが、 回復具合は私の方が良かった為、先に退院できてしまいました。

少し経ってからその友達も退院しました。

お互い住んでいる場所は遠かったのですが、退院後も連絡を取っていました。 年賀状はもちろん、暇を見つけては手紙を出していました。

お互いの両親も仲良くなったので、電話もたまにしていました。 お互い思春期などに入り連絡こそ取り合わなくなりましたが、今でも良い思い出です。

それと、その時にお世話になった準看護師さんは 准看護師 求人 福岡のサイトを見て、 転職されてきたそうです。 話を聞くと、看護師の転職っていろいろと大変みたいですが、こちらのサイトは情報が多く、無料で登録でき、 徹底的にサポートしてくれるのでありがたいと言っていましたね。

 

介護老人保健施設の看護師さん<看護師の求人と支援金 PR>

私の母は、介護老人保健施設に入所しています。

入所時に、施設のケアマネージャーさんを中心に、看護師さん、介護主任、理学療法士さんのチームで、 介護とリハビリの説明がありました。

それまで、こうした施設に看護師さんがおられるとは、知りませんでした。

高齢の母が飲んでいた薬をチェックし、直近の血液検査の結果を見て、 看護師としての観察ポイントをてきぱきと説明し、この施設と提携し、 1回/週診察に来られる病院の先生と、こういうポイントを相談して、定期的に検査、診察する旨の説明がありました。

さらに、介護、リハビリの方針説明があり、家族はその都度同意のサインをします。

素人が家庭でケアーしているのとは、安心感が全く違います。

さらに豊富な医療知識を持っておられる看護師さんがおられることは、安心感をさらに増しています。

病院だけでなく、こうした施設でも看護師さんの活躍の場所がある事を初めて知りました。

介護が必要な老人を、風邪をひいたからと病院に連れて行くのは、家族にとっては大変な事です。

看護師さんの適切な判断と、お医者さまの定期回診はこの心配もせずに、お任せで来ます。 本当に、ありがたい事です。

 

PR:看護師 求人 支援金

専門のキャリアアドバイザーが丁寧にあなたの転職のコンサルタントをし、転職後には支援金を支給し、 あなたの転職をバックアップしてくれます。

 

 

 

採血が上手な看護士さん。<看護師 求人日記>

毎年恒例の特定検診で、近所の内科に行きました。 私は採血がしにくい腕らしく(血管が沈んでる?)、針を入れなおされたことが何度もあり、それを見ているうちに気分が悪くなったこともあります。 なので採血の時はなるべく目を腕からそらしてよそを見るようにしていました。 今回の採血の時は、私がマスクをしていたからか看護士さんが注射器の用意をしながら「花粉症ですか?」と話しかけてきました。

「そうなんです。けっこう症状がきつくて、ゼスランを飲んでたんですが、アレロックに替えたところです」と答えると、 「あ~、あれ眠くなりません?私も花粉症ひどいんですが、アレロックは眠くなってダメなんです」とのことで、花粉症と薬の話で盛り上がりました。 その間に採血は気がつくと終わっていました。 看護士さんが話をしてくれたおかげで採血に集中せずにすみました。 それとあまり意識せずに飲んでいた花粉症の薬ですが、色々な種類のものがあることを知って参考になりました。 あの看護士さんに感謝しています。

PR:看護師 求人 川崎市

川崎市で看護師をお考えの方に、こちらの求人サイトが便利です。 川崎市の看護師求人をランキング形式でご紹介していますので、ご参考になさってみてくださいね。